« RISE | トップページ | 脱退について 追記 »

2012年7月23日 (月)

cune脱退について

このたび、私、小林亮三はcuneを脱退することになりました。

 

オフィシャルの報告にあった通り、音楽性の違いによるものです。

 

半年以上のセッションを重ねてきましたが、作曲した時に感じたインスピレーションを

形にしていく過程において、メンバーとの音楽性のズレや、人生観の違いが明確になっていきました。

 

と同時に、様々なジャンルの音楽やミュージシャンに触れるにつれ、いろんな人といろんな音楽を表現していきたいという気持ちが強くなりました。cuneのメンバーとして音楽を存続していく道も選択できたわけですが、メインワークだったcuneを脱退させてもらい、

一ミュージシャンとして、ある時はバンドスタイルだったり、ある時はジャズだったり、楽曲提供だったり、その時々に合った柔軟なやり方で音楽とつきあっていく道を選びました。

 

メンバー、スタッフ、関係者のみなさま、そしてcune ファンのみなさま。

音楽と共にたくさんの経験をさせていただき、ありがとうございました。

ファンのみなさまには、たくさんのご声援を頂き、本当にありがとうございました。

 

これを期に名前を改名し、これからは小林亮三改め「波音(なみおと)」として活動していきますので、心機一転、宜しくお願いいたします。

 

波音

 

2012.07.23

 

 

 

 

 

 

 

 

« RISE | トップページ | 脱退について 追記 »

コメント

さみしいですが…。どんなときも応援しています!!!!

残念です(;o;)
cune大好きだったのに。
でも 波音 をこれからも応援させていただきます!

勝手ですよね…。
メンバーもファンも振り回されてばかり。

信じられないのとあまりのショックに苦しいです。。亮三くんはもちろんですが、四人での生み出す世界観が大好きです。残念すぎます。でもわたし、実家が鹿児島なんで、少し救われました。とても素敵な癒される土地です。そんなとこから素敵な音を届けてね

本当に残念ですが・・・こればっかりはファンが口出しする事じゃないので・・・
ただ本当に残念です。
また、あのメンバーでのバタフライ聴きたいです。

私達が口出ししたって無駄だし変わらないけど、cune脱退。寂しいです
では、なぜ再結成したんですか?liveだって楽しみにしてたのに。

脱退って、現状は解散ですよね?
ファンにも、メンバーにも期待持たせて…

何を考えているのかさっぱりわかりませんよ。

結局、周りに許されて、許されて、かばわれて、守られて今の自分がいる事を、わかってないですよね。
自分から、活動復帰しておいて、自分の表現したい事が出来ない?
そんな事初めからわかってただろ。
甘えすぎ。
他のメンバーが、お前の為に作ってくれた時間を返せよ。

『大切な物は失ってから気づく』
『因果応報』
一度きりの人生だから 自分のやりたいようにやればいい。

だけど 自分が周りの人達に与えた苦痛や悲しみ、裏切りは 絶対自分に戻ってくる。絶対。

名前をいくら変えたところで あなたは『小林 亮三』

素敵な歌声持ってる人やのに 虚しいね。

どこまでも自分勝手なひとですね。

振り回されたメンバーが可哀想。

自分は才能があると自負してこんなことしてるんですか。

音楽は人間性が出ると思います。

これからあなたがどんな音楽を奏でようと私の心には響かないと思います。

期待を持たせて振り回したメンバーに謝って欲しいです。

さようなら。
与えられた才能を生かせない人をみた。
あなたのcune以外の音楽に心動かないので、バイバイヾ(*'-'*)

私たちファンまで、踊らされた気分。

活動再開が、どれだけ嬉しかったか。

結局音源も残さず、ライブも全然しないで、ぬか喜びさせられたかと思いきや、活動再開を望んだ張本人が脱退。

どれたけ周りをバカにしたら気がすむんだ・・・・。

それでまだやるか。
呆れるわ。

音楽性よりも、今の人間性や人生観が問題だったんでしょう。
他のメンバーがcuneを守りたかった理由を、今一度考えてください。
これからもっとたくさんの人に出会って、たくさんの刺激を受けて、私たちに音楽を届けてください。
またいつの日か、心に響いてくることを祈っています。

活動停止してからこれまで、小林さんのblogやらTwitterやら見て、つくった音楽聴いてみて、ああ、もがいているなーと思ってました。なのであまり驚きません。やっぱりそうかー、です。私たちに批判する余地はないよね。一生できることが見つかるほうが奇跡だ。ひとは変わりますもの。幸せなひとよりも、もがいているひとの作品には不思議な説得力があって芯にくる気がします。これ、ある意味酷いんですけどね。
これから波音はどんな音をくれるのかな?楽しみにしてます。


あと、杞憂であれば良いのですが、あまり体に悪いことはなさらないように。健康第一、体が資本でお願いします。

びっくりしました。

でも今は色々思うことがあっても
またライブで歌声を聴いたら惚れ直してしまうのだろうなと思います。

遠くからですが、これからの波音の活動を応援しています。

今のあなたが在るのは、奔放なあたを支えてくれた周りの家族、仲間、スタッフが居たからです。
そしてcuneを愛して待ち続けたファンが居たからです。

あなたの人生ですからあなたの思う生き方を選択されるのは自由です。
しかし音楽家以前に、人として、いい歳をした大人として成っていない自分を恥ずかしいとは思わないのですか?

周りの人間に対して感謝や謝罪の気持ちを持ち合わせておられますか?

cuneはあなたの才能だけで成り立っていたのではありません。
自意識過剰も甚だしくて呆れますね。
そしてあなたには失望しました。

今のあなたには音楽を続ける資格は無いと、私は思います。

私にとってcuneは青春でした。その音楽に支えられてきました。

プロでやっていくという事は、あなたの発信された音楽がその時点であなただけのものでは無くなります。

あなたの残した軌跡は私達ファンの軌跡でも有ります。

過去は消えませんし、過ちも消えません。

だからこそ、他人の心をあなたの奔放で、これ以上踏みにじらないで下さい。

これからも音楽を続けていかれるおつもりの様ですが、
今のあなたが創る音楽を愛せませんし、応援
するつもりも有りません。

新しい活動以前に
自らの行動が、どれだけの人間にどれだけの影響を与えてきたのか。

良い意味でも悪い意味でも
その事実を重く受け止めて下さい。

音楽をやる資格がないと書いている方もいらっしゃいますが、そうは思いません。
やりたい音楽をやるのに誰も止める権利はありません。

でも、僕は君がこれから作る音楽を聴きたいとは思わない。

音楽を聴くのは人です。
そのことに気づいてほしい。

人は変わっていく生き物です。

また「聴きたい」と思える、素敵な音を奏でてくれる日まで。
さようなら。

この前CUNEを好きになりました。
どの曲も胸を打つ曲ばかりで驚きました。

脱退するなんて勿体無いですよ…
こんなに人の胸を打つ曲なんて無いんですから。
また最初からでいいです…
また胸を打つ曲を聞かせて下さい

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1634904/46431969

この記事へのトラックバック一覧です: cune脱退について:

« RISE | トップページ | 脱退について 追記 »

無料ブログはココログ