« cune脱退について | トップページ | 最近きづいたこと。 »

2012年7月25日 (水)

脱退について 追記

音楽性の違いが問題でないなら、僕は活動を続けられたし、リリースもしていたと思う。

再始動して脱退するくらい半端な気持ちなら再始動しなくてよかったという見解もあるけど、半端な気持ちだったら自分の感受性に蓋をして続けられていたと思います。

やったからこそわかったことは、一言でいうと、僕の多様性がバンドの個性に収まりきらなくなったことです。収まればcuneで出来たと思います。

 

何故、解散ではなく脱退なのかといえば、

「一人でもcuneをやる」と言った耕治さんの要望を尊重したからです。

 

僕もcuneに期待し希望をもってきた一人の人間で、

だから作詞作曲も人生の多くをcuneに捧げてきました。

 

僕の生き方が大きく変わってcuneの多くの歌を歌うことが苦しくなってきました。

過去生み出した「愛している」などのいくつかの言葉が嘘になっていったからです。

歌えないことを言い訳にしたくないので、過去を更新するために新しい曲を作って、徐々にデモも増えていっていました。

 

作品に落とし込んでいく際、僕は曲が生まれた時のインスピレーションに忠実な姿勢をとりました。メンバーもスタッフもそれに対して答えようとやってくれました。それでも形にならないもどかしさを、時間という現実が追い打ちをかけました。

 

バンドメンバー以外のスタッフも含めた一個の集合体のなかで、いろいろな意味で期待に応えなければならない立場であったのにもかかわらず、期待に応えられず、ファン、メンバー、スタッフの方々には申し訳なく思っています。

 

 

しかし、大多数の期待通りに生きていくのが正解かどうかは僕にはわかりません。

僕が自分の信じた答えを大切にし、行動することに賛否両論あって自然だと思います。

価値観は十人十色だと思います。みんな間違ってない。

一番大切なことは、それぞれが純粋にcuneに向かい合った結果、こうなったということです。

 

僕もcuneも次に踏み出す第一歩がどこに向かうのかは未知数ですが、それぞれの活動に期待をしていただけたらありがたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« cune脱退について | トップページ | 最近きづいたこと。 »

コメント

亮三くんは亮三くんらしく。。

体には充分気をつけてくださいね。亮三くんのつくる世界をまってますo(^-^)o

ずっと応援します☆

だから それが考え方の違いやねん!!!!!

『愛してる』って歌詞に嘘ついて歌うのが苦しい?そりゃ自業自得でしょ。その時愛してた気持ちは本物だったでしょ?自分の過去否定すんな。苦しくて当たり前やろ。大事な家族を傷つけて 別の人に向かったんやから。

辛くなって苦しいから 逃げて。ほんま学習能力ないな。だから 同じ事繰り返すねん。

今度も今のパートナーと別れたら ひょっこり東京戻って来て『やっぱり、僕が帰ってくる場所はここ(cune)でした』とかって 平気で言いそうやけど 絶対に止めてや!

cuneを脱退してくれて ありがとう。
ひとりでもcuneを続けると言ってくれた耕治さんの側にいて欲しくないから!!!!!!!!!!

-僕の多様性がバンドの個性に収まらなくなった-
多様性の一部がcuneじゃダメなんですか?

言葉選びが、文章が、少しまえよりもマシになったので精神的に少しは落ち着いてきたのかな?
リラックスリラックス~♪いっくんすてきや~ん。亮くんの一部分でもあるcuneをそんなにも愛してくれる人がいてよかったね。強いな~。何をしてもいいけど、幸せでいてね。じゃないと周りにも幸せは届かないから。不幸を撒き散らすコトはかっこいいことではないからね。GOOD LUCK!

意味がまったく分からない。
どんだけ自分が可愛いんだ。

同じ男として恥ずかしい。

人間って不思議。
今を生きているんですね。
君のような生きざま、リアルな関係じゃないので善し悪しは分からないけど、嫌いじゃない。

君の歌声、すき。

バンドについてはあまりしらない。多分生でみたことあったはず。

私はもうおばちゃんなので、お座りしながらカレー食べながら音楽を聴くのがすき。

ぐへっ

もううんざりです。

再結成時点であなたの音楽はもはやcuneではなかった。
それなのに、再結成をした。
それは自分の身に起きてる色々な状況から、メンバーに助けを求めたとしか思えない。
金銭的にも切羽詰まっていただろう。
手っ取り早くお金を稼ぐには再結成が一番ですよね。
あなたの安易な考え方に呆れるばかりです。
人間性が欠落しているのはRayの解散videoを見た時から知っていたけど、その時から何ら変わらない。

cune再結成であなたに見切りをつけたが、私はアナタのソロが好きだ。
人間的には大嫌いだ。
cuneメンバーを裏切るその曲がった根性が大嫌いだ。
でもアカペラで聴くあなたの歌声は大好きです。

この先、あなたを応援する気にはなりません。
勝手にしてください。

感謝・・・してたら、こんな事にはならんわな。
感謝出来ない人が、人に何か届けるなんて、無理に決まってんじゃん。
バカも休み休みにしろや。

今回の亮三さんの脱退には、びっくりしたと同時に何て自分勝手な人なのだろうと思いました。
しかし、亮三さんの選んだ事。
悩んで苦しんで出した結論なのでしょうね。


悔しいけど私はきっとこれからも亮三さんを応援すると思います。
あなたの声、あなたの創り出す音楽が好きだから。
波音としてどんな音楽を発信していくのか楽しみにしています。

そして、どうかcuneのメンバー、ファンの想いを無駄にしないで下さい。

批判的な意見が多いですが、自分は、小林亮三のいないcuneなんてcuneじゃないと思います。亮三さんの書いた曲じゃないですか?亮三の声で歌う歌じゃないですか?だからcuneだと、それがcuneだと思っています。先日、ラムジの山下さんのUstreamに泰造さんがゲスト出演したときに、山下さんがcuneが憧れだった、みたいなことを言ったら、泰造さんが「あんま売れへんかったけどな」って笑ってました。cuneて、もう過去のものなんだなと思いました。cuneがなくなってしまったのは事実。でも、亮三さん、これからも歌い続けて下さい。

なんだか不思議です。みなさんのコメントが。
亮三くんと直接話をした方がないのに、なぜ全てをわかったようなことを書けるのか。
わたしも亮三くんも、みんな人間。いいとこも悪いとこもあって、醜いとこもあります。
影響力が大きい位置にいるからといって、こんな誹謗中傷を書きあう
必要があるでしょうか?みんなで一人を責めてるこの状況だって、十分醜いです。

きっとCUNEが好きだったぶん、行き場のないきもちをぶつけているのやと思います。
どんなかたちであれ、わたしは自分が好きな曲を聴き続けるし、自分が好きになったことを否定したり後悔したりしません。


もともと音楽性のズレがあったのは明確なのに。それをわざわざ再始動してまたすぐ脱退って…。今までcuneが好きだったことは事実だし今後もcuneを嫌いになることはないけれど、こんなすぐに脱退されたのなら一度きりの再結成ライブで終わっておいて欲しかったです。

>影響力が大きい位置にいるからといって、こん な誹謗中傷を書きあう 必要があるでしょうか?みんなで一人を責めて るこの状況だって、十分醜いです。


言われて当然だと思う。
だって、彼はまぎれもなくcuneのメンバーだったんだから。
みんなからの批判的意見も、受け止める義務はあると思う。
どんな意見も、彼に向けられたものなんだから。

これだけの批判があるのは それだけcuneの音楽を心から愛し 大事に想ってた人がたくさんいたから。

今頃気づいたって 本当に遅いけど こんなに愛されてたんだょ。

何をしていくにも 信頼関係って大切な事。あなたは 大事な物ほど 傷つけて壊してしまうところがある。

あなたに優しい言葉をかけてくれる人よりも しっかりと注意や怒ってくれる人と ちゃんと向き合って その人たちを避けずに 共存して下さい。

あなたには 何の興味もなくなったし これからどうなろうと どうでもいいけど 大好きだったあなたへ 私からの最後のメッセージです。

いずれこうなるだろうなと思っていました。
不器用なところが、兄弟そっくりですね。
静かに見守りたいなと思います。

cuneがこんなになるなんて思ってもいなかった。
めちゃくちゃ過ぎる、苛立ちさえ感じた。
でも何だかんだ言っても曲や歌声が好きだ。

正直、今は(これからも!?)自分自身cuneと向き合えない気がしている。
静かに見守るのでしょう・・・

やっぱりね・・・って感じです。

武者修行に出ると言ってcuneを活動休止にし、休止中にブログで「cuneに戻る気はない」と突然発表し、なのに自ら再始動を言い出し、結局すぐに脱退。
本当にどこまでも自分勝手ですね。

それぞれが純粋にcuneと向き合った結果?
は???
色んな人達の思いを踏みにじっておいて、よくヌケヌケとそんな事が言えますね。
「みんな間違ってない」ってお前が言うな!
本気でそう思ってるのならもはや救いようがないね。
どうぞご自分の感受性を大切に、ひっそりと頑張ってください。

亮三さんの作る音楽が大好き。歌声が大好き。
ずっとずっとずっと、応援し続けます。
これからも素敵な歌を声を聞けることを楽しみにしてます!

あたしは…ほしのたびびとを…はじめてきかせていただいたとき…とってもとっても…こころがふるえて…ふしぎいろなみだがとまらなかったです…あなたのおうたは…いたみによりそってくれる…やさしいこころにあふれて…きらきら…ほしぞらみたいに…やさしくひかりかがやいていました♪すてきなおうたをつたえてくれて♪こころからこころからありがとう♪これから…あたらしくうまれるおうたも♪とってもとっても♪たのしみです♪おなじそらのしたで…あなたのあたらしいおんがくに♪おあいできるみらいを♪きぼういろのこころで♪そっとまっています♪そして♪おからだをたいせつにたいせつに♪ごじあいくださいね♪

過去があったからこそ
今が在る。

散々期待させといて結局脱退かよ ってのが素直な感想です。
cuneは「小林亮三の声」という楽器があってこそだと思うので他メンバーには悪いけど、3人のcuneでは魅力を全く感じません。
亮三さんだけベクトルが違う感じで、目を覚ますのを待つ意味で「一人でもcuneをやる」って耕治さんは言ったんじゃないでしょうか?
過去を否定するための「波音」という存在なんて誰も興味ありません。
僕も目を覚ますのを待ってます。

ブログせっかく始めたんだから続けてください

失望しました。

インスピレーションとか、自分の感受性がそんなに大事ですか?

周りの大切な人たちのことなんてまったく考えられないんですね。
亮三さんの歌声、大好きだったけど、もううんざりです。

名前を変えたところで、人間性は変わりません。
どうぞそのままご勝手に、過去の過ちから逃げ続けてください。さようなら。

今までありがとうございました。

人はみんな少しずつ変わっていくものだから…。

大好きだったcuneが復活したことはすごいうれしかった。
活動休止中も音楽を聴いていたしずっと待っていました。

亮三さんも悩んで苦しんだ結果だと思う。
cuneであったことをどうか否定したりこれからも避けたりしないで…☆
素晴らしい音楽と時間をくれたcuneにわたしは感謝してもしきれません。
フェイスブックの好きな音楽欄にはまずcuneの名前書いてます。
道はわかれても4人それぞれのことが好きだから応援していくよ。

Rayの頃から大好きです。
今でも聞いています。
これからもずっと応援し続けます。

遠くの君よ はるかな君よ 今宵の月が 見えていますか?
同じ涙を 覚えていますか?

この想いが届きますように
またcuneのライブに行きたいな。また歌って欲しいな。Butterflyもまた聞きたいな(〃д〃)

どうか幸せになってよ~♪
神様お願い☆
こんな素敵な人傷つけたら
僕が許さない

いつしか迷路の中で
訳もなく涙溢れて
それでも明日の風をうけ

あなたはほほえむ(*^^*)

わたしは、
cuneの曲に、小林亮三の声に
沢山救われましたよ(^-^)
どうか、小林亮三も、cuneも
幸せでいて下さい。


そのための、決断であって欲しいです。

音楽はずっと残るものなので、これからも私は私の中でのcuneの曲を大切にしていきます。

cune小林亮三お疲れさまです。
ありがとう!!

久しぶりに来てびっくり。
随分と女々しい奴だな。

まあ、今じゃamazonで1円で買えるようなつまらない音楽作ってた脳みそじゃその程度かな。

一人でもがんばってくれや。
すぐ挫折するんだろうけどw

久しぶりにcuneが聞きたいと調べたら脱退してたなんて。
私は色んな場面でcuneに助けられた。
再結成を嬉しくて嬉しくてライブに行き、CD発売を楽しみにしていた。
なんか、言葉に上手く出来ないけど良三さんあなたの音楽は好きだけどついていけなくなったよ。
残念すぎる

久しぶりにcuneが聞きたいと調べたら脱退してたなんて。
私は色んな場面でcuneに助けられた。
再結成を嬉しくて嬉しくてライブに行き、CD発売を楽しみにしていた。
なんか、言葉に上手く出来ないけど亮三さんあなたの音楽は好きだけどついていけなくなったよ。
残念すぎる

やらないとわからないこと。

あると思います。

嘘を唄うことは間違ってると私も思いました。

新しい音楽大事にしてください。

そしてcuneも大事にしてくれたら。と思います。

私は cuneのうたが大好きです。
リフレインを最初に聴いたとき、メロディー、歌詞が頭から離れませんでした。 これが cuneとの出会いです。
私にはなかなか音源を得る手段がありませんでしたが、大切な友人から 音源をいただき、cuneのうたを楽しみ、私の応援歌となりました。 ちょっと 不謹慎に思われるかもしれませんが、cuneのライブに行ったり、情報交換することが 大切な友人との繋がりを築くこともできました。
小林さんの歌詞 メロディー それと もちろんcuneの演奏も大好きです。
cuneを再結成したとき、本当にうれしく、大阪でのライブも感動しました。そして大切な友人とライブに行けたことも。 小林さん は 自分の心に嘘がつけない、ごまかすことはできない…正直な人だと思いました。
その道は 不器用な歩みなのかもしれない、こっちの道なら 安全だよ と誰かに手招きされても、あなたはその道には行かないでしょう。
あなたは自分の気持ちをごまかすことなどできないから。 わがままだったり、誤解されることもあるかもしれない… cuneのままでいてほしいけど … これからも 小林さん を応援しています。音楽をやめないでくださいね。 どの うたも 好きだけど… 星をみてれば 大好きです。
気がつけば 口ずさんでます…
いつか cuneのうたも歌ってください、そして 新しい 曲を 作り出してくださいね

私は皆様とは逆で。
今の小林亮三しか知りません。
音楽に対して真摯で、真面目で。
彼の声はとても美しいし、
鹿児島のいちき串木野市
という場所で作った曲たちは
本当に美しい。

人は変わりますよ。

人生の多くを捧げてきた自分の財産を踏み躙るな。
いつかcuneが自分のgloryだったことに気がつくよ。

やがて幾年の時が経ち僕たちは大人になった
守るべきものを背負って

だけど大切なことは忘れないでいろよ
あの時の汗を かき捨てた涙を

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1634904/46462357

この記事へのトラックバック一覧です: 脱退について 追記:

« cune脱退について | トップページ | 最近きづいたこと。 »

無料ブログはココログ